男の人

イメージシートで安全と利益をGET|快適な作業現場

ガラスは危険

笑顔の女性

住宅の建築現場などでは、様々な危険があるものでしょう。作業員は常にその危険に注意しながら作業を進めていくものなのですが、いくら気を付けていたとしても何かの拍子に怪我をしてしまうことはいつでも起こり得ることなのです。できるだけ作業現場の環境は安全で快適なものであるようにしましょう。作業員の意識だけでは防ぐことができない危険は色々な場面に潜んでいるのです。また、安全に作業できる環境が整っていれば実際に現場で働いている作業員にとっては安心できる分効率の良い作業を行なえるものでしょう。現場での作業で特に気をつけたいものがガラスの取り扱いです。ガラスは慎重に扱うべき建材であり、デリケートなものです。少しの衝撃でも場合によっては粉々に砕けてしまうことがあります。ガラスは割れていない状態であれば危険はありませんが、粉々になった状態であれば、鋭利な刃物と何ら変わらない危険な存在となってしまうのです。作業服などを貫通して皮膚を切り裂いてしまうでしょう。ガラスの破片が散乱している現場では作業を行なうことができません。そのような問題を避けるためにも飛散防止フィルムを使用しましょう。

ガラスが割れても飛散を防ぐことができる飛散防止フィルムを予め使用しておくことで、作業員の安全と現場の環境を守ることができます。飛散防止フィルムを貼っておくことでガラスの強度も上がるため、少しの衝撃で粉々に割れることがなくなります。もしもの事態を防ぐためにも飛散防止フィルムを全てのガラスに使用しましょう。